ブラックペイント石鹸とは

ブラックペイントが取り扱う石鹸とは

 

ブラックペイントが取り扱う石鹸とは

 

ブラックペイントブランドには、スキンケア商品が多数揃っています。

 

しかし、洗顔のカテゴリーの中にあるのは「石鹸」だけです。

 

一般的なフォームタイプのものなどはありません。

 

石鹸で洗顔することにこだわりをもっているのですね。

 

今、健康で美しいお肌のために石鹸で洗顔する方が増えてきています。

 

これはどうしてでしょうか。

 

 

石鹸洗顔のメリットとは?

 

石鹸洗顔のメリットとは?

 

洗顔フォームで洗顔する方が多いと思いますが、数年前から石鹸洗顔が注目されてきています。

 

懐かしい石鹸が再ブレイクしているメーカーもあります。

 

石鹸ブームが起きている理由は、「石鹸はお肌に優しい」からです。

 

洗顔フォームは泡立ちが良く、優れた洗浄力がありますが、必要な皮脂まで落としてしまうという可能性があるのです。

 

これによりお肌のトラブルが引き起こされてしまうのです。

 

また、泡立ちや洗浄力を高めるために、合成界面活性剤という成分が使われています。

 

自然のものと違い、人工的に作られたものなので、お肌に負担がかかってしまいます。

 

一方石鹸は、合成界面活性剤は含まれていないのでお肌にやさしいというメリットがあります。

 

強い洗浄力はありませんが、そのおかげで、お肌に必要な皮脂はそのまま残してくれるのです。

 

この石鹸のやさしさが見直され、石鹸ブームが続いているのですね。

 

若い時は元気なお肌も、年齢とともに衰えてくることは避けられません。

 

そんな年齢肌をやさしくケアしてくれるのが石鹸なのです。

 

また、敏感肌や肌の弱い方でも安心して使うことができるのも石鹸と言えますね。

 

石鹸で洗顔する習慣のない方も多いと思いますが、ぜひ石鹸洗顔を試してみてくださいね。

 

違いがわかるかもしれません。

 

 

ブラックペイントの石鹸は?

 

ブラックペイントの石鹸は?

 

ブラックペイントブランドの石鹸は、黒い石鹸以外にもいくつかアイテムあります。

 

ご紹介したいと思います。

 

 

ブラックペイント 120g4,320円 

 

植物オイルの力により、しっかりと毛穴ケアしてくれる石鹸です。

 

 

ホワイトペイント 120g5,400円

 

毛穴ケアをしながら、保湿力に優れた石鹸です。とてもお肌にやさしい石鹸です。

 

 

こだわりの京都お茶石鹸濃茶 120g 6,480円

 

上級抹茶を練り上げており、コク深い洗い上がりになります。大人肌をしっとりもっちりに仕上げてくれます。

 

 

こだわりの京都お茶石鹸ほうじ煎茶 120g 5,400円

 

熟成が生んだまろやかなお肌あたりが特徴です。素肌をやさしく包んでくれるので、デリケートなお肌の方にもおすすめです。

 

 

こだわりの京都お茶石鹸煎茶 120g5,400円

 

オイリーで不安定なお肌に、スッキリ爽やかな洗い心地を与えてくれます。

 

 

こだわりの京都お茶石鹸抹茶 120g5,400円

 

天然美容成分の宝庫と言われている抹茶により、透明感のある肌が期待されています。

 

 

こだわりの京都お茶石鹸玉露 120g5,400円

 

最高級の日本茶である玉露はビタミンが豊富に含まれており、女性の肌に優しい美容成分がたっぷり入っています。素肌をやさしく包みながら、まろやかな質感に導いてくれます。

 

 

このように、黒い石鹸以外にも良質な石鹸が色々揃っています。

 

京都ならではのお茶にこだわった石鹸ということで興味深いですね。

 

また、ブラックペイントブランドの石鹸は、とても丁寧に作られているという特徴があります。

 

一般的な石鹸は1〜7日ほどで完成します。しかし、ブラックペイントの石鹸は、3カ月以上かけて作るのです。

 

オイルの美容成分を壊さないようにするため、低温の状況で作られ、3カ月以上熟成させるからです。

 

これは手間と熟練職人による技術を要するものでもあります。

 

ブラックペイントの石鹸はちょっと値段が高いように感じますが、このように丁寧に製造されているからだということを理解したいですね。

 

 

以上、今ブームとなっている石鹸洗顔についてご紹介してきました。

 

大切なお肌のことを考えて、石鹸と使う方が増えてきています。

 

ブラックペイントの石鹸もお肌へのやさしさが詰まった良質な石鹸です。

 

ぜひ、石鹸洗顔の習慣でお肌のレベルアップを目指してください。

↓理想の肌へ 50%OFFはこちら↓

ブラックペイントボタン