ブラックペイントの副作用

ブラックペイントの副作用って?

 

ブラックペイントの副作用って?

 

ブラックペイントはお肌に直接塗る石鹸です。

 

この新感覚の洗い方が魅力的でもありますが、もし強い成分が入っているのであれば、ちょっとお肌に負担がかかってしまうのではないか…と不安に感じている方もいらっしゃると思います。

 

ここでは、ブラックペイントを使うことによって副作用がでることはあるのかどうか調べてみたいと思います。

 

大切なお肌に直接触れるものなので、しっかりと安心した上で使いたいですよね。

 

 

ブラックペイントに副作用はあるの?

 

ブラックペイントに副作用はあるの?

 

ブラックペイントを使ってみた方の口コミを見ていると、肌荒れがするなどの副作用を感じているというコメントは見つかりませんでした。

 

そこでブラックペイントの全成分を確かめてみると、全て天然素材が配合されていました。

 

化学成分などは配合されておらず、100%自然のものだけを使っているので、副作用が出ることはないこということがわかりました。

 

ナチュラルとオーガニックにこだわるブラックペイントならではの安心感がありますね。

 

 

ブラックペイントのコールドプロセス製法

 

ブラックペイントのコールドプロセス製法

 

ブラックペイントはお肌にやさしいケアをすることを第一に考えています。

 

化学成分などにより副作用が出たり、お肌に負担をかけることがないように、手間や時間がかかっても天然素材のものだけを配合しているのです。

 

そのためにブラックペイントがこだわっているのが、コールドプロセス製法です。

 

石鹸を作る製法として、ホットプロセス製法とコールドプロセス製法があります。

 

ホットプロセス製法は、油脂にアルカリを混ぜて90℃ほどの高温で一気に作る方法です。

 

温度を上げることにより、短時間で大量生産できるというメリットがあります。

 

一般的に市販されている石鹸の多くは、このホットプロセス製法作られているのです。

 

しかし、ブラックペイントはあくまでも天然素材だけにこだわり、植物オイルの力を最大活かすことにこだわりをもっています。

 

そこで、非常に手間のかかるコールドプロセス製法で生産しています。

 

植物オイルの美容成分などは、高温を加えるとダメージを受けてしまいます。

 

コールドプロセス製法は、熱を加えずに低温で作るので、良質な成分が壊れにくく、そのまま石鹸に閉じ込めることができるのです。

 

しかし、この製法には多くのデメリットがあます。

 

非常に時間がかかるという点が1つです。ホットプロセス製法の場合には数日で出来上がるのですが、コールドプロセス製法は完成まで1カ月以上かかるのです。

 

また気候や湿度などに影響を受けてしまうため、職人の技と知識が必要になるのです。

 

ブラックペイントは熟練の職人による京都自社工場で作られています。

 

ここまで手間と時間を要して作っているということは、本当にお肌へのやさしさを第一に考えているということですね。ブラックペイントに副作用はないと言い切れますね。

 

 

デリケートなお肌の方には泡立てて使うことがおすすめ

 

デリケートなお肌の方には泡立てて使うことがおすすめ

 

ブラックペイントのユーザーの方の感想を見ていると、一部の方ですが、洗顔後につっぱりを感じたり、ひりひりするという意見がありました。

 

ブラックペイントは、ごく弱いアルカリ性なので、通常お肌に塗って問題はないのですが、お肌がデリケートになっている場合には、塗るのではなく、泡立てて使うことをおすすめします。

 

水と空気を含ませることで、さらにアルカリ性が弱まり、マイルドな使い心地になります。

 

また、ニキビや炎症がある場合、アレルギーやアトピーの方も、石鹸を泡立てて使うようにしましょう。

 

 

疲労やストレスがある場合には、お肌が弱くなっていることがありますよね。

 

そのような時は、泡立てて使ってやさしくケアするようにしたいですね。

 

 

以上、ブラックペイントの副作用について見てきました。ブラックペイントはお肌へのやさしさを一番に考えて天然素材にこだわっています。

 

そのため副作用の心配はありません。安心して使うことができます。デリケートなお肌の場合には、つっぱり感などを感じることはあるようです。

 

その場合には、直接塗るのではなく、泡立ててからやさしくケアするようにしましょう。

↓理想の肌へ 50%OFFはこちら↓

ブラックペイントボタン